その目的はゴジラではない。

f:id:tabibits:20161030235548j:plain それは今夏の出来事。

シンゴジラ4DXを観に行った。
その日僕は、ゴジラ大好きの息子には黙って家を出た。


目的はゴジラではない。


僕は石原さとみを嗅ぎに映画館へ行く。
そんな時代になったのだ。


香るんだ、それ。4DX。

噂に聞いていた4DX。
ずっと行くきっかけを探していた僕に、2016夏の石原さとみは格別の動機となった。


わからない人に説明すると「4DX」とは次のような上映システムだ。

4DX®とは、現在、映画業界で最も注目を集める、最新の<体感型(4D)>映画上映システムです。 モーションシートが、映画のシーンに完全にマッチした形で、前後&上下左右に<動き>、その衝撃を再現。 さらに、嵐等のシーンでは<水>が降り、<風>が吹きつけ、雷鳴に劇場全体が<フラッシュ>する他、映画のシーンを感情的に盛り上げる<香り>や、臨場感を演出する<煙り>など、様々なエモーショナルな特殊効果で、≪目で観るだけの映画≫から≪体全体で感じる映画≫の鑑賞へと魅力的に転換致します。

引用:新次元の4Dアトラクションシアター ユナイテッド・シネマシネプレックスhttp://www.unitedcinemas.jp/4dx/


つまり、石原さとみが登場するシーンで、4DX体感型システムから香りがでるというもの。

そうか。そうか。
残念だけど。そうか、子どもにはまだ早いか。
だから僕は、家族に黙って家を出ることにしたのだ。

悪びれる気持ちはまるで無い、むしろ心躍るとはこの事だろう。
僕の4DXは、このとき既に始まっていたのかもしれない。


映画館に着き、4DXの物々しい椅子に体を預ける。
上映時間になり場内が徐々に暗闇に堕ちる中

「来い、石原さとみ。」

心のなかで静かにそうつぶやいた。


4DXという魔物

映画は東京湾を滑走する海上保安庁のボートから始まる。
その様子を上空を飛ぶヘリコプター視点で捉えた映像がしばらく続いたところで、僕の顔面に4DXの水しぶきが掛かった。


僕のその時の感想は、「え?なぜ?」だった。

f:id:tabibits:20161030235816j:plain

さらにゴジラ対策を練る作戦会議室シーンでのこと。
会議室にプリンターやホワイトボードなどをぞろぞろと持ち込んで、臨時の作戦会議室を作り込む。机の上に無数の鉛筆を無造作に広げるタイミングで、僕のお尻の下にドドドっと、4DXによる振動が伝わった。

ここでも僕の感想は、「え?なぜ?」だった。

f:id:tabibits:20161030235852j:plain


まるで違うじゃないか。

何故そのように思ったかというと、僕の想像とまるで違う反応が返ってきたからだ。
ボートのシーンでは僕の想像するボートとの距離感は、ヘリコプター視点、つまり上空から覗くようなものだった。

f:id:tabibits:20161030235957j:plain


そこに4DXの水しぶきを受けた事で、ボートとの距離感はボートの後方(水しぶきを受けるであろう位置)なのかと、イメージとのギャップを感じてしまったのだ。

f:id:tabibits:20161031000020j:plain


同じく、会議室のシーンでは鉛筆がボロボロと机上に転がるタイミングで座席が振動すると、まるで自分がその机に腰掛けているかのような、現実味のないイメージを抱いてしまった。

f:id:tabibits:20161031000048j:plain


人が映画を観ながらドキドキしたり、涙を流すのは、何も本人が危機的状況にあるわけでも辛いからでも無い。
それは、映画内のストーリーに感情移入しているからである。
感情移入に必要な情報は、映像、セリフ(音)だけでなく、想像によって補完される。
シンゴジラ4DXへの違和感は、僕の想像による補完がそのインタラクションで崩され、感情移入出来なかったことによるのだろう。


デジタルが人に与える感覚

共感力というものがある。
それは人間の共同生活に必要な能力の一つだが、これも「想像による補完」によって得られるものだ。
この共感という能力は、近年のデジタルと人間との融合において重要なキーワードでもある。
VR(バーチャルリアリティ)などもっとデジタルと人間が親密になる、ストーリーの視覚が完全に自分のものになる技術において、これを無視することはできない。
なぜなら、僕が感じたような違和感、触覚など視聴覚以外の感覚によって得られる共感との差が、ストーリーへの感情移入を台無しにしてしまうからだ。
個人の共感力に任せていた従来の映画(劇場と観客の間に距離があった)と違い、劇場内に自分が投影されるということは、この共感さえも作り手が操作しなければならないのだ。


聴覚、視覚だけでなく、近い将来、触覚、嗅覚をもデジタル化されるであろう。だが、人間の共感に従順な「感覚」を作らなくてはニセモノの域をでることはない。


残念だが、石原さとみの香りはそれまでおあずけとなりそうだ。

f:id:tabibits:20161031000149j:plain *1

え:とっくん(永井家次男)